あさごはん「+plus海苔」のススメ

投稿者 : 石松佑梨 on

私はトップアスリートからビジネスパーソンまで幅広く、みんなのコンディションをサポートする管理栄養士です。私がコンディションを整えるための食材として、広く推奨しているもののひとつに「海苔」や「あおさ」があります。

充実した「あさごはん」はみんなの夢ですが、朝はとにかく忙しいのが現実です。あさごはん +plus海苔 カンタン!おいしい!栄養満点!!を叶えましょう。

 

+plus海苔でもっと元気な1日を!!

新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差です。免疫機能のおよそ7割は腸に存在していると言われています。

ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、体内に入る最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。つまり免疫力を高めるためには腸内環境を整えてあげることがとても重要です。

では、腸内環境を整えるとはどういうことでしょうか?

腸には善玉菌、日和見菌、悪玉菌のいずれかに属する500種類以上もの菌が100兆個も生息しています。重要なのはそれぞれの菌のバランスです。理想的なバランスは善玉菌20%、日和見菌70%、悪玉菌10%と言われており、善玉菌優勢な環境を作ることこそが「腸内環境を整える」というになります。

善玉菌が減り悪玉菌が増えると、便秘や肌荒れ等をもたらすだけでなく、免疫力は低下し、うつや生活習慣病の引き金にもなりうることがわかっています。

腸内環境を整えるためには、善玉菌を含む食材(発酵食品(みそ、納豆、ぬか漬け、ヨーグルト、甘酒等))を毎日食べる事にあわせて、善玉菌のえさとなる水溶性食物繊維(海藻、もち麦、山芋、きのこ等)オリゴ糖(にんにく、バナナ、たまねぎ等)を食べることが重要です。

 

免疫力アップ「あさごはん」① あおさクリームのオムレツ

・善玉菌を含む食材:人参と甘酒のドレッシング

・善玉菌のえさとなる食材:あおさ、ケールサラダ

 

免疫力アップ「あさごはん」② あおさの味噌汁

メニュー例:もち麦ごはん、あおさの味噌汁、鮭の麹漬け焼き、納豆

・善玉菌を含む食材:みそ、麹漬け、納豆

・善玉菌のえさとなる食材:あおさ、もち麦

 

免疫力アップ「あさごはん」③ のり弁

メニュー例:のり弁(もち麦ごはん、のり、かつお節、ごま) 

・善玉菌を含む食材:かつお節

・善玉菌のえさとなる食材:のり、もち麦

 

免疫力アップ「あさごはん」④ あおさの山かけ丼

メニュー例:山かけ丼、あさりの味噌汁、ぬか漬け 

・善玉菌を含む食材:みそ、ぬか漬け

・善玉菌のえさとなる食材:あおさ、やまいも

 

これからは、おいしいものを我慢するのではなく、賢くおいしく食べてこそコンディションが調う時代です。

 

旬の食材コラム

ウイルスに負けないカラダを作る!おいしく牡蠣を食べて免疫力アップ!!

石松佑梨

マスクがなければ、腸でウイルスを食い止める!?免疫力アップポイント① 腸内環境を整える新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差ですが、この免疫機能のおよそ7割が腸に存在していると言われています。ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、その最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。免疫力アップポイント② 亜鉛を摂るでは腸を通過し、いよいよ体内に入ってきてしまったウイルスはどうすればよいのでしょうか?体内に侵入してきたウイルスと戦ってくれる機能が免疫細胞です。体内にウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が作用して病気を防ぐ役割を担ってくれます。しかし、免疫力は年齢とともに低下してしまいます。この原因の一つが、免疫細胞が加齢とともに元気がなくなることにあります。免疫細胞の活性化に効果があるのが「亜鉛」です。亜鉛には細胞分裂や新陳代謝を促す働きがあるため、適量を摂取すれば免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果が期待できます。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、私たちは体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。亜鉛は以下グラフに挙げた食品に多く含まれてい…

続きを読む

料理レシピ