カニの加工場へ行ってきました!

投稿者 : こだわりん on

カニは身の入りがとっても大切です。

今回は、千葉県の銚子にあるカニの加工場へ行きました。

今回も、食の物語を伝える"こだわりん" さんと一緒に訪問しましたよ。

この加工場では、ロシアなどの寒い地域で獲れた厳選カニを加工していきます。

1匹のカニ個体であっても、脚の部位によって大きさも形も全然違う。もちろん、カニの個体が違えば、なおさら違いは出てきます。

だから、加工場では、基本1本1本お客さんの食べやすい状態に、手作業でカットしていくのです。

こちらは、ハーフカットポーション。脚を縦に真っ二つに切られたものをいいます。

身入り具合をチェックしながらカットしていましたよ。 

こちらは、ハーフポーション 。食べやすいように半分むき身にしているものをいいます。

鮮度を保つために氷点下(例えば-35度など)で冷凍された状態で加工場に届きますが、手の温度で解凍されないように、素早くー本ー本殻を剥いていましたよ。 

こだわりん さんが、むき身にする作業を試していましたが、剥けていませんでした(笑)簡単そうに見えて、とても難しい工程なんですね。

 

詳しい記事は、「尾張まるはちさんとカニの加工場へ。」をご覧ください。

 

 その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問てしいます。お魚マイスター尾張まるはちが、生産元にて目利きした魚を買い付けてをしています。

お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓

 

旬の食材コラム

おせち料理のチーズアレンジでコンディショニング!!

石松佑梨

おせちをおしゃれなチーズプラトーにアレンジしてみませんか?「おせち×チーズプラトー」は五味(旨味、甘味、塩味、苦味、酸味)を整えるだけで、簡単におしゃれなおもてなし料理に仕上げることができます。数の子 × フレッシュチーズ(クリームチーズ) ※数の子はコチラ子宝と子孫繁栄を祈る数の子はニシンの卵。二親(ニシン)から多くの子が出るのでめでたいと考えられています。フレッシュチーズは熟成工程がないチーズの総称です。熟成不要であるため、他のチーズよりも塩分量が少ないのが特徴です。フレッシュチーズ(甘味、酸味)+数の子(塩味、旨味)+かつおぶし(旨味)+シャンパン(苦味)で五味のバランスが整えてみました。くるみ飴がけ × 白カビチーズ(カマンベール)くるみは硬い殻が家庭を守るということから、「家庭円満」と「実り」への願いがこめられています。白カビチーズ(旨味、酸味、塩味)+くるみ飴がけ(苦味、甘味)で五味のバランスが整えてみました。柿巻き × 青カビチーズ(ゴルゴンゾーラ)昔は大事な文書や絵は巻物にしていたことから文化の発展を願う縁起物とされてきました。干し柿(甘味)を包丁で開いて、柚子皮(苦味、酸味)を削り、青カビチーズ(旨味、塩味)を巻きました。紅白なます × セミハード(ミモレット18ヶ月)大根の白とにんじ…

続きを読む

料理レシピ