産地だより

「知多前のり生産元」へ訪問(Part2)食卓に並ぶ「板のり」はこうして作られる

投稿者 : こだわりん on

愛知県常滑市のにある海苔の生産元「鬼崎漁協」への訪問レポート:part2です。 前回の、 「知多前のり生産元」へ訪問(Part1)漁師さんは、海苔をどうやって育てるの?は、こちらをご覧くださいね。 今回もまた、食の物語を伝える "こだわりん" さんと一緒に訪問し、収穫されたのりが、どのように食卓に並ぶような板のりになるのか見てきました。 海苔の収穫は、港まで船で運ばれてきます。 そして、漁師さんたちが、収穫した海苔を加工場へ持ってきておろします。 そして、丁寧に丁寧に、水を使いながら、海苔についている海の異物を落としていき、小さく刻んでいきます。 収穫期によって、海苔の厚みや硬さが変わるので、刻む大きさも変えているようです。そういった細かなところにも配慮されながら加工されているんですね。 そして、いよいよ四角い形になります。 紙すきのようなイメージで、のりが四角い板状になります。下から光を当てることによって、きちんと均一な厚みで板状になっているか、大きな穴が開いたりしていないかチェックしているんだとか。 のりが乾いたら、金属探知機などで異物が混ざっていないかを機械で綿密にチェックをし、出荷されていきますよ。 詳しくは、こだわりん さんの訪問レポート「鬼崎漁協を訪問!四角い板のりができるまで」をご覧くださいね。 その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問することで、尾張まるはちが目利きした魚を買い付けを行なっています。 お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓

続きを読む →


「知多前のり生産元」へ訪問(Part1)漁師さんは、海苔をどうやって育てるの?

投稿者 : こだわりん on

「知多前のり」と呼ばれる海苔を作っている、愛知県常滑市の鬼崎漁協へ行きました。 今回もまた、食の物語を届けるメディア "こだわりん"さんと一緒に行ってきましたよ! のりが収穫できるのは、真冬。 しかも、光合成が始まる前に取ったほうが、栄養分が詰まっていて一番美味しいので、日の出前から海に出て漁師さんが海苔を収穫していくんです。 ところで、海苔のタネってみたことありますか?海苔は胞子で増えるので、人間の目では見えないんです。  海苔を育てるためには、まずグルグルグルと養殖するための網(海苔網)に海苔の胞子をくっつけるところから始まるんですよ。 育てられた海苔は、船によって収穫されていきます。実際に私たちも船に乗らせていただきましたよ。訪問時は春先でしたが、それでも冷たい風がビュービューと吹いていました。 漁師さんは、真冬の早朝から、この船に乗って海に出ることを思うと本当に感心します。 詳しくは、こだわりん さんの書いた訪問レポート「 海苔はどこからきたの?漁師さんの養殖のお話」をお読みくださいね。 その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問することで、尾張まるはちが目利きした魚を買い付けを行なっています。 お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓

続きを読む →


三河一色うなぎの養鰻池に行ってきました

投稿者 : こだわりん on

愛知県一色町といえば、うなぎの名産地。尾張まるはちでも、生産者のもとへ足を運び、特大3Lサイズの仕入れを行なっています。(商品はこちら) そこで、今回は、うなぎ養鰻池の訪問レポートです。食の物語を届ける女子大生起業家の "こだわりん" さんと一緒に訪問しましたよ。 養殖業者の力強そうなの男性たちが、声を掛け合いながら網を引きあい、池の中のうなぎを寄せ集めていきます。 シラスから約1年ぐらいたったものが狩猟時期。 「どうまん」と呼ばれる容器の中へうなぎを入れていきますよ。 それにしてもグォーグォーとすごい池水の音が響き渡っています。 詳しくは、“こだわりん訪問記「三河一色うなぎ養鰻場」” で見てみてくださいね♪   その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問することで、尾張まるはちが目利きした魚を買い付けを行なっています。 お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓

続きを読む →


数時間かけてグツグツと煮詰める「あさりの佃煮」の生産元を訪れました。

投稿者 : こだわりん on

尾張まるはちでは、できる限り生産元を訪れ、目利きした魚を取り寄せています。 今回訪問したのは、つくだ煮街道。食の物語を生活者に届ける “こだわりん” さんと一緒に行ってきました。 ここで作られている、「あさりの佃煮」は数時間もかけてじっくりと窯でに詰めることによって作られているのです。 ベテラン工場長の長年の試行錯誤。そして、佃煮づくりのこだわりを聞いてきましたよ。 詳しくは、こだわりん訪問記(あさり佃煮)にその様子が書かれています。ぜひ、読んでみてくださいね。 今回紹介しているあさり佃煮は、 こちら の商品です。 その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問することで、尾張まるはちが目利きした魚を買い付けを行なっています。 お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓

続きを読む →