コンディショニングレシピ「うなぎの甘夏ちらし」

投稿者 : 石松佑梨 on

材料(4人分)
寿司めし 2合分
(甘夏1個、砂糖大さじ2、塩小さじ1、ごはん2合)

うなぎ 1尾分
(うなぎだけではなく、写真のようにカニやエビ、イクラなどと合わせて盛付ても♪)

彩りトッピング 適量
(型抜きにんじん、枝豆むき身、木の芽、絹さや、刻みのり、粉山椒など)

 

作り方
①ごはんは少しかために炊き、うなぎは温めて一口大にカットしておきます。

②甘夏は写真のように下にボウルを敷いてスプーンで果実をくりぬきます。皮はちらし寿司を盛り付けるために使用します。くり抜いた果実は薄皮をむいて果肉をほぐしておきます。ボウルにたまった果汁はすし酢に使用します。

③果実をくり抜く際に出た甘夏果汁大さじ3杯(不足していれば少し搾って果汁を足してあげます。)に、材料の砂糖と塩を合わせてすし酢を作ります。

④炊き上がったごはんは温かいうちに③をかけて混ぜ、粗熱をとっておきます。

⑤④に甘夏の果肉をつぶさないようにざっくりと混ぜ込み、器に盛り付けたら、うなぎやえび、かに、彩り野菜などを盛り付けてできあがりです。

 

栄養価(1人分)
エネルギー539kcal、たんぱく質34.0g、糖質68.7g、塩分2.2g

 

アレンジ
寿司めしをそのまま「そうめん」に置き換えれば、ご褒美そうめんに変身♪
そうめんでは、甘夏の果汁は寿司酢ではなく、めんつゆに混ぜましょう。
おだしの効いためんつゆと脂ののったうなぎに、甘夏特有の酸味と苦味がプラスされることで、暑い夏でも食べやすい爽やかそうめんに仕上がります!

トッピングにはエビやカニ、型抜き人参や枝豆の他にも、大葉やみょうが、生姜、ねぎなどもおすすめです。

旬の食材コラム

ウイルスに負けないカラダを作る!おいしく牡蠣を食べて免疫力アップ!!

石松佑梨

マスクがなければ、腸でウイルスを食い止める!?免疫力アップポイント① 腸内環境を整える新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差ですが、この免疫機能のおよそ7割が腸に存在していると言われています。ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、その最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。免疫力アップポイント② 亜鉛を摂るでは腸を通過し、いよいよ体内に入ってきてしまったウイルスはどうすればよいのでしょうか?体内に侵入してきたウイルスと戦ってくれる機能が免疫細胞です。体内にウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が作用して病気を防ぐ役割を担ってくれます。しかし、免疫力は年齢とともに低下してしまいます。この原因の一つが、免疫細胞が加齢とともに元気がなくなることにあります。免疫細胞の活性化に効果があるのが「亜鉛」です。亜鉛には細胞分裂や新陳代謝を促す働きがあるため、適量を摂取すれば免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果が期待できます。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、私たちは体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。亜鉛は以下グラフに挙げた食品に多く含まれてい…

続きを読む

料理レシピ