土用の丑の日にうなぎを食べる風習

投稿者 : 石松佑梨 on

土用の丑の日とは?

土用の丑の日とは、土用の期間におとずれる丑の日のことです。

土用とは五行説の思想で、立春、立夏、立秋、立冬直前の約18日間の「期間」を指します。
五行説とは、古代中国に端を発する自然哲学の思想で、
万物は火・水・木・金・土の5種類の元素からなるという説です。

 木:木の花や葉が幹の上を覆っている立木が元となっていて、
 樹木の成長・発育する様子を表す。「春」の象徴。

 火:光り煇く炎が元となっていて、
 火のような灼熱の性質を表す。「夏」の象徴。

 土:植物の芽が地中から発芽する様子が元となっていて、
 万物を育成・保護する性質を表す。「季節の変わり目」の象徴。

 金:土中に光り煇く鉱物・金属が元となっていて、
 金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。収獲の季節「秋」の象徴。

 水:泉から涌き出て流れる水が元となっていて、
 これを命の泉と考え、胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。「冬」の象徴。

現代では一般的には土用の丑の日というと「夏」の土用の丑の日を
指すことが多いですが、本来は各季節ごとに「土用の丑の日」は存在しています。
さらに土用は毎年違うので土用の丑の日も毎年変わります。
今年の夏の土用の丑の日は7月21日8月2日の2日で、
それぞれを一の丑、二の丑と呼んでいます。

 

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣?

暑さが厳しく夏バテをしやすいこの時期は、
昔から「精の付くもの」を食べる習慣があり、土用しじみや土用もちなどの言葉が今も残っています。
土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が広まったのは江戸時代でした。

うなぎ屋から「夏に売り上げが落ちる」と相談を受けた平賀源内が、

 

店先に

「本日丑の日」

 土用の丑の日うなぎの日

食すれば夏負けすることなし

 

という看板を立てたところ大繁盛したことがきっかけと言われています

また、「本日丑の日」は、日本初のコピーライティングともいわれています。

 

旬の食材コラム

ウイルスに負けないカラダを作る!おいしく牡蠣を食べて免疫力アップ!!

石松佑梨

マスクがなければ、腸でウイルスを食い止める!?免疫力アップポイント① 腸内環境を整える新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差ですが、この免疫機能のおよそ7割が腸に存在していると言われています。ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、その最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。免疫力アップポイント② 亜鉛を摂るでは腸を通過し、いよいよ体内に入ってきてしまったウイルスはどうすればよいのでしょうか?体内に侵入してきたウイルスと戦ってくれる機能が免疫細胞です。体内にウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が作用して病気を防ぐ役割を担ってくれます。しかし、免疫力は年齢とともに低下してしまいます。この原因の一つが、免疫細胞が加齢とともに元気がなくなることにあります。免疫細胞の活性化に効果があるのが「亜鉛」です。亜鉛には細胞分裂や新陳代謝を促す働きがあるため、適量を摂取すれば免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果が期待できます。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、私たちは体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。亜鉛は以下グラフに挙げた食品に多く含まれてい…

続きを読む

料理レシピ