産地だより

北海道へGO!いくらができるまでを見に行きました。

投稿者 : こだわりん on

尾張まるはちの北海道産イクラ。リピーターの絶えない主力商品です。   そこで、尾張まるはちのイクラを仕入れている生産現場に足を運びました。  このイクラを気に入っていただいている"こだわりん" さんと一緒に訪問し、鮭からイクラになる過程をみてきましたよ。  今回、お邪魔したのは長万部にあるイクラの加工場。水揚げから約3時間で鮭が加工場に届きます。    新鮮なうちに魚卵を取り出し、醤油漬けすることで、ぷちっと弾ける食感になりますよ。 鮭は1つ1つ大きさも形も違うので、手で捌いていきます。   そして、職人さんが筋子をもみほぐします。小指になかなかの力を入れないと上手にイクラがはずれてくれません。   特製のオリジナル醤油だれに漬け込み、検品へ。ピンセットで一粒1粒検品してるのは、本当に驚きでした。   イクラ一粒には、さまざまな人の手がかかっているのですね。 詳しくは、こだわりん さんの訪問レポート「 北海道へGO!! プチっと弾ける大粒のいくらができるまで」をご覧くださいね。 https://kodawarin.jp/owari-maruhachi/onizakinori-kakou/  ぜひ、こだわりの詰まった、プチっと弾ける北海道産イクラをお楽しみください♪  その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問てします。お魚マイスター尾張まるはちが、生産元にて目利きした魚を買い付けてをしています。 お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓  

続きを読む →


「知多前のり生産元」へ訪問(Part2)食卓に並ぶ「板のり」はこうして作られる

投稿者 : こだわりん on

愛知県常滑市のにある海苔の生産元「鬼崎漁協」への訪問レポート:part2です。 前回の、 「知多前のり生産元」へ訪問(Part1)漁師さんは、海苔をどうやって育てるの?は、こちらをご覧くださいね。 今回もまた、食の物語を伝える "こだわりん" さんと一緒に訪問し、収穫されたのりが、どのように食卓に並ぶような板のりになるのか見てきました。 海苔の収穫は、港まで船で運ばれてきます。 そして、漁師さんたちが、収穫した海苔を加工場へ持ってきておろします。 そして、丁寧に丁寧に、水を使いながら、海苔についている海の異物を落としていき、小さく刻んでいきます。 収穫期によって、海苔の厚みや硬さが変わるので、刻む大きさも変えているようです。そういった細かなところにも配慮されながら加工されているんですね。 そして、いよいよ四角い形になります。 紙すきのようなイメージで、のりが四角い板状になります。下から光を当てることによって、きちんと均一な厚みで板状になっているか、大きな穴が開いたりしていないかチェックしているんだとか。 のりが乾いたら、金属探知機などで異物が混ざっていないかを機械で綿密にチェックをし、出荷されていきますよ。 詳しくは、こだわりん さんの訪問レポート「鬼崎漁協を訪問!四角い板のりができるまで」をご覧くださいね。 その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問することで、尾張まるはちが目利きした魚を買い付けを行なっています。 お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓

続きを読む →


「知多前のり生産元」へ訪問(Part1)漁師さんは、海苔をどうやって育てるの?

投稿者 : こだわりん on

「知多前のり」と呼ばれる海苔を作っている、愛知県常滑市の鬼崎漁協へ行きました。 今回もまた、食の物語を届けるメディア "こだわりん"さんと一緒に行ってきましたよ! のりが収穫できるのは、真冬。 しかも、光合成が始まる前に取ったほうが、栄養分が詰まっていて一番美味しいので、日の出前から海に出て漁師さんが海苔を収穫していくんです。 ところで、海苔のタネってみたことありますか?海苔は胞子で増えるので、人間の目では見えないんです。  海苔を育てるためには、まずグルグルグルと養殖するための網(海苔網)に海苔の胞子をくっつけるところから始まるんですよ。 育てられた海苔は、船によって収穫されていきます。実際に私たちも船に乗らせていただきましたよ。訪問時は春先でしたが、それでも冷たい風がビュービューと吹いていました。 漁師さんは、真冬の早朝から、この船に乗って海に出ることを思うと本当に感心します。 詳しくは、こだわりん さんの書いた訪問レポート「 海苔はどこからきたの?漁師さんの養殖のお話」をお読みくださいね。 その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問することで、尾張まるはちが目利きした魚を買い付けを行なっています。 お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓

続きを読む →


三河一色うなぎの養鰻池に行ってきました

投稿者 : こだわりん on

愛知県一色町といえば、うなぎの名産地。尾張まるはちでも、生産者のもとへ足を運び、特大3Lサイズの仕入れを行なっています。(商品はこちら) そこで、今回は、うなぎ養鰻池の訪問レポートです。食の物語を届ける女子大生起業家の "こだわりん" さんと一緒に訪問しましたよ。 養殖業者の力強そうなの男性たちが、声を掛け合いながら網を引きあい、池の中のうなぎを寄せ集めていきます。 シラスから約1年ぐらいたったものが狩猟時期。 「どうまん」と呼ばれる容器の中へうなぎを入れていきますよ。 それにしてもグォーグォーとすごい池水の音が響き渡っています。 詳しくは、“こだわりん訪問記「三河一色うなぎ養鰻場」” で見てみてくださいね♪   その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問することで、尾張まるはちが目利きした魚を買い付けを行なっています。 お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓

続きを読む →


数時間かけてグツグツと煮詰める「あさりの佃煮」の生産元を訪れました。

投稿者 : こだわりん on

尾張まるはちでは、できる限り生産元を訪れ、目利きした魚を取り寄せています。 今回訪問したのは、つくだ煮街道。食の物語を生活者に届ける “こだわりん” さんと一緒に行ってきました。 ここで作られている、「あさりの佃煮」は数時間もかけてじっくりと窯でに詰めることによって作られているのです。 ベテラン工場長の長年の試行錯誤。そして、佃煮づくりのこだわりを聞いてきましたよ。 詳しくは、こだわりん訪問記(あさり佃煮)にその様子が書かれています。ぜひ、読んでみてくださいね。 今回紹介しているあさり佃煮は、 こちら の商品です。 その他にも、こだわりん さんと一緒に、色々なお魚の生産元を訪問することで、尾張まるはちが目利きした魚を買い付けを行なっています。 お魚生産元の訪問記はこちらからご覧ください↓↓

続きを読む →

旬の食材コラム

意識の高い人たちは食べている!?サーモンが最強と言われる理由

佑梨石松

私はトップアスリートたちのパーソナル栄養士をしています。世界で戦うアスリートをはじめ、健康への意識が高い人たちはサーモンの凄さを知っています。【サーモンのいいところ①サーモンの壮絶パワー源・アスタキサンチン】川で生まれたサーモンは豊富なエサ(プランクトン)を目指して遠海まで行って大きくなり、3~4年後に卵を産むために自分の生まれた川に戻ってきます。そのためには、川の流れに逆らって激流の中を泳ぎ続ける体力が必要です。どうにか生まれ故郷までたどり着いた鮭はさらに壮絶な戦いの後に産卵をします。卵を守りながらメスは息絶え、オスもやがて力尽きます。鮭たちの見た目はうろこも剥げてボロボロになっていますが、実は中身もオレンジ色ではなく白色を呈しているのだそうです。つまり鮭のパワフルな一生を支える源こそが、この鮮やかなオレンジ色・アスタキサンチンなのです。アスタキサンチンには強力な抗酸化力があり、私たちのカラダに日々蓄積する老化物質や疲労感などを取り除いてくれる働きがあります。人間の体内ではアスタキサンチンを作ることができませんので、鮭を食べることにより、その抗酸化力を得るしかありません。サーモンの1つ目のいいところ!!アスタキサンチンによる細胞レベルでの若返り効果です。【サーモンのいいところ②明日をもっと元気にしてくれる

続きを読む

料理レシピ