アレンジ自在!おにぎらずのレシピ・作り方

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画 

 

 

材料

  • 焼き海苔 3枚
  • ごはん 適量
  • レタス 数枚
  • キュウリ 1本
  • カニカマ 8本
  • マヨネーズ 適量
  • 牛薄切り肉 150g
  • ごぼう 1/3本分
  • 酒、みりん、醤油 各大さじ1
  • 白いりごま 小さじ1
  • 卵 1個
  • ハム 数枚

 

おおよその調理時間:20分

 

今回はカニカマきゅうり・ハムと卵・牛肉とごぼうのキンピラの3種を作っていくレシピです。ご飯に合うものなら何でも具にできますので、お好みもので作ってみてください!

 

作り方

1. キュウリを三等分し、さらに立てに4つ割りにし、レタスを手のひらサイズにカットする
2. フライパンにサラダ油をひき、細切りにしたごぼう1/3本分を炒める
3. ごぼうがしんなりしてきたら牛肉150gを加えて炒め、色が変わったらいったん置いておく
4. 別のフライパンに酒・みりん・醤油各大さじ1を入れて、とろっとするまで煮詰める
5. 煮詰めた調味料をごぼう・牛肉の加えて和え、白いりごま小さじ1をふる
6. 別のフライパンにサラダ油を引き、溶いた卵を流し入れて薄焼きにする
7. ラップを広げた上に海苔をひし形に置き、その内側に正方形にご飯を平らにのせる
8. キュウリ・カニカマを交互に並べ、互い違いにしてもう1段交互に並べる
9. マヨネーズを全体にかけ、上からご飯を平らにかぶせる
10. 海苔の対角線同士を合わせるように四角に包み、ラップに包んでなじませておく
11. 同様にラップ・海苔・ご飯を用意し、レタス・ハム・卵・レタスと重ねて包む
12. また同様にラップ・海苔・ご飯を用意し、レタス・牛肉とごぼうのキンピラ・レタスを重ねて包む
13. 海苔がなじんでしんなりしたら、ラップを外して包丁で真ん中をカットし出来上がり

 

 

具材の水分が多すぎると海苔が破れやすくなります。なので今回はのキンピラも別のフライパンで煮詰めてから加えることで、お肉に火を通しすぎて固くならず、かつ包みやすい具材になります。

キンピラはお手軽に焼肉のタレで代用しても大丈夫です!

 

ひし形に置いた海苔に正方形のご飯で具を挟み、ごはんの正方形の辺を折り目にして包んでカットすれば、どんな具でも大丈夫です。ごはん・具を多くしすぎて包みきれない場合は、もう1枚海苔を上から重ねて包むようにすればOK。

海苔がしんなりして切りやすくなるまで置いてからカットすれば、断面の綺麗なおにぎらずの完成です!

 


キュウリ・カニカマのような、切る方向によって断面が変わるものは、包んだ後どちらからカットすればいいかを覚えておくようにします。ハムやキンピラはどちら側からカットしても同じになるので大丈夫です。


今回はキンピラを作りましたが、ハムなど市販品や、おかずの残りものを上手く使えば速攻で作れて、これだけで満足感の高い1食になります!

断面も綺麗なので、お弁当にして持っていくのもいいですし、インスタ映えも間違いなし!とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

旬の食材コラム

おせち料理のチーズアレンジでコンディショニング!!

石松佑梨

おせちをおしゃれなチーズプラトーにアレンジしてみませんか?「おせち×チーズプラトー」は五味(旨味、甘味、塩味、苦味、酸味)を整えるだけで、簡単におしゃれなおもてなし料理に仕上げることができます。数の子 × フレッシュチーズ(クリームチーズ) ※数の子はコチラ子宝と子孫繁栄を祈る数の子はニシンの卵。二親(ニシン)から多くの子が出るのでめでたいと考えられています。フレッシュチーズは熟成工程がないチーズの総称です。熟成不要であるため、他のチーズよりも塩分量が少ないのが特徴です。フレッシュチーズ(甘味、酸味)+数の子(塩味、旨味)+かつおぶし(旨味)+シャンパン(苦味)で五味のバランスが整えてみました。くるみ飴がけ × 白カビチーズ(カマンベール)くるみは硬い殻が家庭を守るということから、「家庭円満」と「実り」への願いがこめられています。白カビチーズ(旨味、酸味、塩味)+くるみ飴がけ(苦味、甘味)で五味のバランスが整えてみました。柿巻き × 青カビチーズ(ゴルゴンゾーラ)昔は大事な文書や絵は巻物にしていたことから文化の発展を願う縁起物とされてきました。干し柿(甘味)を包丁で開いて、柚子皮(苦味、酸味)を削り、青カビチーズ(旨味、塩味)を巻きました。紅白なます × セミハード(ミモレット18ヶ月)大根の白とにんじ…

続きを読む

料理レシピ