料理レシピ

さんま蒲焼きのひつまぶし風のレシピ・作り方

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画   材料 ・ごはん お茶碗1杯分・卵 1個・さんま蒲焼き 適量・海苔やネギ 適量・水 200ml・顆粒だし 1/3袋・醤油 小さじ1/2・塩 少々   薄焼き卵とうなぎに見立てたさんま蒲焼きをトッピング。 だしは顆粒だしを使ってお手軽に作ります!    おおよその調理時間:10分   作り方 1. 卵1個を溶き、フライパン(あれば卵焼き器)を熱して油を薄く引く2. 卵を流して薄く広げ、両面焼いて取り出し、細切りにする3. さんま蒲焼きを短冊切りにし、ご飯に薄焼き卵・さんま蒲焼きをトッピングする4. 海苔やネギをお好みでトッピングする5. 鍋やフライパンに水200ml・顆粒だし1/3袋・醤油小さじ1/2・塩少々を合わせる6. 中火にかけて沸騰したらだしの完成、お好みでだしをかけてお召し上がりください     薄焼き卵を散らすことで、また少し違った味わいになります。 脂がのったトロサンマの蒲焼きはうなぎに負けず劣らずな美味しさで、タレも相まってごはんにベストマッチ。   合わせて温めるだけのだしをかければ、お茶漬け感覚でするすると食べられ、この時海苔が良い仕事をするのでぜひご一緒に。 お好みで薬味を添えればまた違った楽しみ方も出来ます!   2度も3度も楽しめるさんま蒲焼きのひつまぶし風、ぜひ作ってみてください!

続きを読む →


さんま蒲焼き海苔マヨうどんのレシピ・作り方

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画   材料 ・冷凍うどん 1玉・水 大さじ2・めんつゆ 大さじ1・さんま蒲焼き 適量・海苔 適量・スプラウト 適量・マヨネーズ 適量・白ごま 適量   めんつゆと水は、めんつゆに記載の「かけ」ベースで合わせてください。   おおよその調理時間:5分   作り方 1. レンジ可のお皿に冷凍うどんを入れ、レンジで記載時間通りに加熱する2. 水・めんつゆを加えてうどんをほぐし、崩したさんま蒲焼きをのせる3. 海苔・スプラウト・マヨネーズ・白ごまをトッピングして出来上がり     レンジで調理出来る冷凍うどんだと、火を使わずに出来上がります! もちろんレンジではなく、普通に茹でて作っても大丈夫です。   さんまの蒲焼きのタレとマヨネーズが合わさったマイルドさがグッド。 さっと作れて満足感の高い1皿です!

続きを読む →


あさり佃煮とチーズのパリパリおつまみのレシピ・作り方

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画   材料 ・ワンタンの皮 6枚・とろけるチーズ 3枚・あさり佃煮 適量・サラダ油 適量   ワンタンの皮じゃなくて餃子の皮でも大丈夫です! (形は半月になります)   おおよその調理時間:10分   作り方 1. とろけるチーズを対角線に4等分にする2. ワンタンの皮の上にとろけるチーズ・あさり佃煮・とろけるチーズと重ねる3. 縁に水を付けて折りたたみ、指で押さえて接着する4. オーブン用シートを敷いた天板に並べ、表面にサラダ油を薄く塗る5. オーブントースターで焼き色がつくまで焼いて出来上がり     正方形のとろけるチーズは対角線で4等分にすると三角形になって、ワンタンの皮よりひとまわり小さくなるものが多いのでぴったり包めます。 大きさが合わない場合はさらに小さくして、包めさえすれば大丈夫です!   表面にサラダ油を塗ることでパリパリになって、チーズとあさり佃煮の塩加減でお酒にも合うと思います。 「チーズ+海苔の佃煮」 が定番ですが、海苔の風味があさりの旨味になったイメージです。   簡単で おつまみにもぴったり、とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

続きを読む →


あさり佃煮とタコの混ぜご飯のレシピ・作り方

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画   材料 ・ご飯 お茶碗1杯分・タコ 100g程度・大葉 5枚程度・あさり佃煮 適量・白ごま 適量   タコは茹でてあるそのまま食べられるものをご用意ください。    おおよその調理時間:10分   作り方 1. タコを食べやすい大きさに切り、大葉を細切りにする2. 温かいごはんにすべて加え、あさり佃煮の味が馴染んだら出来上がり     材料を混ぜるだけで完成です!   あさり佃煮に甘辛い味付けや生姜の風味も付いているので、調味料を加えなくてもこれだけで味が決まります。 甘辛いところに大葉の爽やかさもグッド。   タコの旨味や食感もマッチしていて、お手軽に作れる混ぜご飯です。 とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

続きを読む →


生筋子からのイクラの醤油漬けの作り方

投稿者 : OWARIまるはち on

動画   材料 生筋子 1本 40℃のぬるま湯 適量 塩 適量 酒 75ml みりん 75ml 醤油 75ml   おおよその調理時間:15分 味の濃さは醤油の割合で、お好みで調整してみてください!   作り方 1. 酒75ml・みりん75mlを鍋に入れて火にかけ、アルコールを飛ばす2. 醤油75mlを加えてひと煮立ちさせ、冷ましておく3. 40℃くらいのぬるま湯を用意し、3%くらいの量の塩を溶かす4. 生筋子をぬるま湯に入れ、腹を開く5. 別のボウルに、生筋子から卵をほぐし、皮を除く6. 水を注ぎ取り切れなかった薄皮や汚れを洗い流す7. 水をかえ5~6回洗うのを繰り返し、きれいになったらザルにあげて水気を切る8. 冷めた調味液を浸かるまで注ぎ、冷蔵庫で数時間~数日寝かせて出来上がり     生筋子から卵を外し、薄膜などを丁寧に洗っていきます。 薄膜が残っていると、生臭みの原因になりますので、しっかりときれいにすることで美味しいイクラの醤油漬けになります!生筋子には、たまにアニサキスという寄生虫がいる場合があります。 卵の中ではなく、卵の間にいるので、基本的には洗い流れるのですが、心配な場合は70℃くらいのお湯で洗うと万全です。     あまり長く入れていると火が入ってしまいますので、手早く全体にまわすイメージです。   また、高い温度にイクラを入れると、一時的に白っぽくなりますが、時間が経つと元の透き通ったオレンジ色に戻りますのでご安心ください。   漬ける時間はお好みですが、最短なら数時間から、3日ほど漬けてもより馴染んで美味しくいただけます。 ただ家庭で作るのもですので、出来るだけお早めにお召し上がりください!

続きを読む →

旬の食材コラム

意識の高い人たちは食べている!?サーモンが最強と言われる理由

佑梨石松

私はトップアスリートたちのパーソナル栄養士をしています。世界で戦うアスリートをはじめ、健康への意識が高い人たちはサーモンの凄さを知っています。【サーモンのいいところ①サーモンの壮絶パワー源・アスタキサンチン】川で生まれたサーモンは豊富なエサ(プランクトン)を目指して遠海まで行って大きくなり、3~4年後に卵を産むために自分の生まれた川に戻ってきます。そのためには、川の流れに逆らって激流の中を泳ぎ続ける体力が必要です。どうにか生まれ故郷までたどり着いた鮭はさらに壮絶な戦いの後に産卵をします。卵を守りながらメスは息絶え、オスもやがて力尽きます。鮭たちの見た目はうろこも剥げてボロボロになっていますが、実は中身もオレンジ色ではなく白色を呈しているのだそうです。つまり鮭のパワフルな一生を支える源こそが、この鮮やかなオレンジ色・アスタキサンチンなのです。アスタキサンチンには強力な抗酸化力があり、私たちのカラダに日々蓄積する老化物質や疲労感などを取り除いてくれる働きがあります。人間の体内ではアスタキサンチンを作ることができませんので、鮭を食べることにより、その抗酸化力を得るしかありません。サーモンの1つ目のいいところ!!アスタキサンチンによる細胞レベルでの若返り効果です。【サーモンのいいところ②明日をもっと元気にしてくれる

続きを読む

料理レシピ