さきいかで作る自家製松前漬けのレシピ・作り方

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画

材料

・数の子 300g
・にんじん 1/3本
・さきいか 40g
・刻み昆布 20g
 
・酒 大さじ3
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ1

・水 適量

 

本当ならスルメイカ・昆布をキッチンバサミなどで刻んでいくのですが、地味に時間もかかります。

さきいかと刻み昆布を使ってお手軽に!

 

おおよその調理時間:10分

 

作り方

1. 鍋に酒大さじ3・醤油大さじ2・みりん大さじ2・砂糖大さじ1を合わせ中火にかける
2. 沸騰してアルコールが飛んだら火を消し、味見してお好みの濃さまで水を足す
3. 容器に塩抜きした数の子300g・細切りにしたにんじん1/3本分・
さきいか40g・刻み昆布20gをいれる
4. 2のつゆをかけ、時々混ぜながら全体が馴染んだら出来上がり

 

 

つゆはお好みで調整してみてください!

水を加えなく場合は少し濃いめくらいで、ご飯と頬張りたい方はそのままでもいいですし、少しつまむくらいなら大さじ1~2くらいを加えると食べやすくなります。

 

馴染むまでの間に、自然とさきいかからはイカの旨味が出て、昆布からは旨味ととろみも出てきます。

松前漬け独特の旨みたっぷりのあの味が、自家製で簡単に作れます!

 

コリコリとした数の子と昆布の食感もグッド。

 ご飯のおともにもそのまま食べても、とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

 

旬の食材コラム

ウイルスに負けないカラダを作る!おいしく牡蠣を食べて免疫力アップ!!

石松佑梨

マスクがなければ、腸でウイルスを食い止める!?免疫力アップポイント① 腸内環境を整える新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差ですが、この免疫機能のおよそ7割が腸に存在していると言われています。ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、その最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。免疫力アップポイント② 亜鉛を摂るでは腸を通過し、いよいよ体内に入ってきてしまったウイルスはどうすればよいのでしょうか?体内に侵入してきたウイルスと戦ってくれる機能が免疫細胞です。体内にウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が作用して病気を防ぐ役割を担ってくれます。しかし、免疫力は年齢とともに低下してしまいます。この原因の一つが、免疫細胞が加齢とともに元気がなくなることにあります。免疫細胞の活性化に効果があるのが「亜鉛」です。亜鉛には細胞分裂や新陳代謝を促す働きがあるため、適量を摂取すれば免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果が期待できます。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、私たちは体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。亜鉛は以下グラフに挙げた食品に多く含まれてい…

続きを読む

料理レシピ