生筋子からのイクラの醤油漬けの作り方

投稿者 : OWARIまるはち on

動画

 

材料

  • 生筋子 1本
  • 40℃のぬるま湯 適量
  • 塩 適量
  • 酒 75ml
  • みりん 75ml
  • 醤油 75ml

 

おおよその調理時間:15分



味の濃さは醤油の割合で、お好みで調整してみてください!

 

作り方

1. 酒75ml・みりん75mlを鍋に入れて火にかけ、アルコールを飛ばす
2. 醤油75mlを加えてひと煮立ちさせ、冷ましておく
3. 40℃くらいのぬるま湯を用意し、3%くらいの量の塩を溶かす
4. 生筋子をぬるま湯に入れ、腹を開く
5. 別のボウルに、生筋子から卵をほぐし、皮を除く
6. 水を注ぎ取り切れなかった薄皮や汚れを洗い流す
7. 水をかえ5~6回洗うのを繰り返し、きれいになったらザルにあげて水気を切る
8. 冷めた調味液を浸かるまで注ぎ、冷蔵庫で数時間~数日寝かせて出来上がり

 

 

生筋子から卵を外し、薄膜などを丁寧に洗っていきます。

薄膜が残っていると、生臭みの原因になりますので、しっかりときれいにすることで美味しいイクラの醤油漬けになります!


生筋子には、たまにアニサキスという寄生虫がいる場合があります。

卵の中ではなく、卵の間にいるので、基本的には洗い流れるのですが、心配な場合は70℃くらいのお湯で洗うと万全です。

 

 

あまり長く入れていると火が入ってしまいますので、手早く全体にまわすイメージです。

 

また、高い温度にイクラを入れると、一時的に白っぽくなりますが、時間が経つと元の透き通ったオレンジ色に戻りますのでご安心ください。

 

漬ける時間はお好みですが、最短なら数時間から、3日ほど漬けてもより馴染んで美味しくいただけます。

ただ家庭で作るのもですので、出来るだけお早めにお召し上がりください!

旬の食材コラム

ウイルスに負けないカラダを作る!おいしく牡蠣を食べて免疫力アップ!!

石松佑梨

マスクがなければ、腸でウイルスを食い止める!?免疫力アップポイント① 腸内環境を整える新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差ですが、この免疫機能のおよそ7割が腸に存在していると言われています。ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、その最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。免疫力アップポイント② 亜鉛を摂るでは腸を通過し、いよいよ体内に入ってきてしまったウイルスはどうすればよいのでしょうか?体内に侵入してきたウイルスと戦ってくれる機能が免疫細胞です。体内にウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が作用して病気を防ぐ役割を担ってくれます。しかし、免疫力は年齢とともに低下してしまいます。この原因の一つが、免疫細胞が加齢とともに元気がなくなることにあります。免疫細胞の活性化に効果があるのが「亜鉛」です。亜鉛には細胞分裂や新陳代謝を促す働きがあるため、適量を摂取すれば免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果が期待できます。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、私たちは体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。亜鉛は以下グラフに挙げた食品に多く含まれてい…

続きを読む

料理レシピ