さんま蒲焼きのひつまぶし風のレシピ・作り方

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画

 

材料

・ごはん お茶碗1杯分
・卵 1個
・さんま蒲焼き 適量
・海苔やネギ 適量
・水 200ml
・顆粒だし 1/3袋
・醤油 小さじ1/2
・塩 少々

 

薄焼き卵とうなぎに見立てたさんま蒲焼きをトッピング。

だしは顆粒だしを使ってお手軽に作ります! 

 

おおよその調理時間:10分

 

作り方

1. 卵1個を溶き、フライパン(あれば卵焼き器)を熱して油を薄く引く
2. 卵を流して薄く広げ、両面焼いて取り出し、細切りにする
3. さんま蒲焼きを短冊切りにし、ご飯に薄焼き卵・さんま蒲焼きをトッピングする
4. 海苔やネギをお好みでトッピングする
5. 鍋やフライパンに水200ml・顆粒だし1/3袋・醤油小さじ1/2・塩少々を合わせる
6. 中火にかけて沸騰したらだしの完成、お好みでだしをかけてお召し上がりください

 

 

薄焼き卵を散らすことで、また少し違った味わいになります。

脂がのったトロサンマの蒲焼きはうなぎに負けず劣らずな美味しさで、タレも相まってごはんにベストマッチ。

 

合わせて温めるだけのだしをかければ、お茶漬け感覚でするすると食べられ、この時海苔が良い仕事をするのでぜひご一緒に。

お好みで薬味を添えればまた違った楽しみ方も出来ます!

 

2度も3度も楽しめるさんま蒲焼きのひつまぶし風、ぜひ作ってみてください!

旬の食材コラム

ウイルスに負けないカラダを作る!おいしく牡蠣を食べて免疫力アップ!!

石松佑梨

マスクがなければ、腸でウイルスを食い止める!?免疫力アップポイント① 腸内環境を整える新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差ですが、この免疫機能のおよそ7割が腸に存在していると言われています。ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、その最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。免疫力アップポイント② 亜鉛を摂るでは腸を通過し、いよいよ体内に入ってきてしまったウイルスはどうすればよいのでしょうか?体内に侵入してきたウイルスと戦ってくれる機能が免疫細胞です。体内にウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が作用して病気を防ぐ役割を担ってくれます。しかし、免疫力は年齢とともに低下してしまいます。この原因の一つが、免疫細胞が加齢とともに元気がなくなることにあります。免疫細胞の活性化に効果があるのが「亜鉛」です。亜鉛には細胞分裂や新陳代謝を促す働きがあるため、適量を摂取すれば免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果が期待できます。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、私たちは体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。亜鉛は以下グラフに挙げた食品に多く含まれてい…

続きを読む

料理レシピ