さんま蒲焼きのひつまぶし風のレシピ・作り方

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画

 

材料

・ごはん お茶碗1杯分
・卵 1個
・さんま蒲焼き 適量
・海苔やネギ 適量
・水 200ml
・顆粒だし 1/3袋
・醤油 小さじ1/2
・塩 少々

 

薄焼き卵とうなぎに見立てたさんま蒲焼きをトッピング。

だしは顆粒だしを使ってお手軽に作ります! 

 

おおよその調理時間:10分

 

作り方

1. 卵1個を溶き、フライパン(あれば卵焼き器)を熱して油を薄く引く
2. 卵を流して薄く広げ、両面焼いて取り出し、細切りにする
3. さんま蒲焼きを短冊切りにし、ご飯に薄焼き卵・さんま蒲焼きをトッピングする
4. 海苔やネギをお好みでトッピングする
5. 鍋やフライパンに水200ml・顆粒だし1/3袋・醤油小さじ1/2・塩少々を合わせる
6. 中火にかけて沸騰したらだしの完成、お好みでだしをかけてお召し上がりください

 

 

薄焼き卵を散らすことで、また少し違った味わいになります。

脂がのったトロサンマの蒲焼きはうなぎに負けず劣らずな美味しさで、タレも相まってごはんにベストマッチ。

 

合わせて温めるだけのだしをかければ、お茶漬け感覚でするすると食べられ、この時海苔が良い仕事をするのでぜひご一緒に。

お好みで薬味を添えればまた違った楽しみ方も出来ます!

 

2度も3度も楽しめるさんま蒲焼きのひつまぶし風、ぜひ作ってみてください!

旬の食材コラム

意識の高い人たちは食べている!?サーモンが最強と言われる理由

佑梨石松

私はトップアスリートたちのパーソナル栄養士をしています。世界で戦うアスリートをはじめ、健康への意識が高い人たちはサーモンの凄さを知っています。【サーモンのいいところ①サーモンの壮絶パワー源・アスタキサンチン】川で生まれたサーモンは豊富なエサ(プランクトン)を目指して遠海まで行って大きくなり、3~4年後に卵を産むために自分の生まれた川に戻ってきます。そのためには、川の流れに逆らって激流の中を泳ぎ続ける体力が必要です。どうにか生まれ故郷までたどり着いた鮭はさらに壮絶な戦いの後に産卵をします。卵を守りながらメスは息絶え、オスもやがて力尽きます。鮭たちの見た目はうろこも剥げてボロボロになっていますが、実は中身もオレンジ色ではなく白色を呈しているのだそうです。つまり鮭のパワフルな一生を支える源こそが、この鮮やかなオレンジ色・アスタキサンチンなのです。アスタキサンチンには強力な抗酸化力があり、私たちのカラダに日々蓄積する老化物質や疲労感などを取り除いてくれる働きがあります。人間の体内ではアスタキサンチンを作ることができませんので、鮭を食べることにより、その抗酸化力を得るしかありません。サーモンの1つ目のいいところ!!アスタキサンチンによる細胞レベルでの若返り効果です。【サーモンのいいところ②明日をもっと元気にしてくれる

続きを読む

料理レシピ