サーモンアボカドポキ丼いくらのせのレシピ・作り方

投稿者 : OWARIまるはち on

動画

 

 

材料

  • サーモン 150g
  • アボカド 1個
  • いくら お好みの量
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 刻み海苔、白ごまなど

 

おおよその調理時間:10分

 

ポキ丼とはハワイの料理が元で、マグロが使われることが多いですが、せっかくなのでイクラと親子のサーモンで!

普通の海鮮丼と違い、ごま油が入るのが特徴です。

作り方

1. サーモン・アボカドを1cm角くらいでカットする
2. ボウルに調味料をすべて合わせる
3. 調味料にサーモン・アボカドを混ぜ、冷蔵庫で30~1時間漬ける
4. ご飯にサーモン・アボカドをのせ、お好みで刻み海苔・白ごまなどをふりかける
5. お好みの量のいくらをのせて出来上がり

 

 

サーモンとアボカドはスプーンで食べやすい範囲で大きめにすると、食べごたえのある丼になります!

 

漬けるほど味は馴染みますが、アボカドの緑がくすんでいくので、十数分程度でも十分です。

漬かりが浅い場合はタレも多少ご飯にかけてお召し上がりください!

 



森のバターと呼ばれるアボカドと、脂ののったサーモンの旨味、イクラの濃厚さに、ごま油がアクセントとして美味しいポキ丼です。

単調にならないように、白ごまや刻み海苔がいい仕事をしています。

とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

旬の食材コラム

ウイルスに負けないカラダを作る!おいしく牡蠣を食べて免疫力アップ!!

石松佑梨

マスクがなければ、腸でウイルスを食い止める!?免疫力アップポイント① 腸内環境を整える新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差ですが、この免疫機能のおよそ7割が腸に存在していると言われています。ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、その最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。免疫力アップポイント② 亜鉛を摂るでは腸を通過し、いよいよ体内に入ってきてしまったウイルスはどうすればよいのでしょうか?体内に侵入してきたウイルスと戦ってくれる機能が免疫細胞です。体内にウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が作用して病気を防ぐ役割を担ってくれます。しかし、免疫力は年齢とともに低下してしまいます。この原因の一つが、免疫細胞が加齢とともに元気がなくなることにあります。免疫細胞の活性化に効果があるのが「亜鉛」です。亜鉛には細胞分裂や新陳代謝を促す働きがあるため、適量を摂取すれば免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果が期待できます。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、私たちは体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。亜鉛は以下グラフに挙げた食品に多く含まれてい…

続きを読む

料理レシピ