数の子の塩抜きと基本の味付け方法

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画

材料

・塩数の子 300g
・水 300ml
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
・鰹節 1パック

 

おおよその調理時間:10分(味付け)

 

数の子の塩抜き

1. ボウルなどに塩数の子を入れ、浸かるくらいの塩水を加える(水1リットルあたり塩小さじ1程度が目安)
2. 8時間ごとに塩水を取り替え、3回を目安に塩抜きする
3. 味見をしてちょうどよいところで塩抜き完了

 

 

水ではなく塩水で塩抜きをします。

目安は8時間×3の24時間で、塩を抜きすぎると苦味が出やすいのでほどほどで止めてください。

 

冬場は問題ないですが、夏場は心配なら冷蔵庫に入れるといいです!

 

基本の味付け

1. 鍋に水300ml・酒・みりん・醤油各大さじ2を入れて火にかける
2. 沸騰してアルコールが飛んだら火を消し、鰹節を入れて冷ます
3. 塩抜きした数の子を浸して、味が馴染んだら出来上がり

 

 

今回は塩数の子300gあたりの分量です。

数の子の量に応じてつゆの量は増減させてください。

 

数の子の塩抜き具合によっても、お好みで醤油の量を調整するとうまく作れます!

色を薄く仕上げたい場合は薄口醤油を使います。

その場合、濃口醤油より薄口醤油のほうが塩分が多いので、少し少なめから味をみるといいです。

 

 

鰹節はそのまま美味しくいただけますが、見た目や口当たりで気になる場合は濾してください!

 

数の子の塩抜きと基本の味付けでした。

塩抜き自体は時間がかかりますが、どちらも簡単に出来ますのでぜひお試しください!

 

旬の食材コラム

ウイルスに負けないカラダを作る!おいしく牡蠣を食べて免疫力アップ!!

石松佑梨

マスクがなければ、腸でウイルスを食い止める!?免疫力アップポイント① 腸内環境を整える新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差ですが、この免疫機能のおよそ7割が腸に存在していると言われています。ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、その最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。免疫力アップポイント② 亜鉛を摂るでは腸を通過し、いよいよ体内に入ってきてしまったウイルスはどうすればよいのでしょうか?体内に侵入してきたウイルスと戦ってくれる機能が免疫細胞です。体内にウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が作用して病気を防ぐ役割を担ってくれます。しかし、免疫力は年齢とともに低下してしまいます。この原因の一つが、免疫細胞が加齢とともに元気がなくなることにあります。免疫細胞の活性化に効果があるのが「亜鉛」です。亜鉛には細胞分裂や新陳代謝を促す働きがあるため、適量を摂取すれば免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果が期待できます。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、私たちは体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。亜鉛は以下グラフに挙げた食品に多く含まれてい…

続きを読む

料理レシピ