数の子の塩抜きと基本の味付け方法

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画

材料

・塩数の子 300g
・水 300ml
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
・鰹節 1パック

 

おおよその調理時間:10分(味付け)

 

数の子の塩抜き

1. ボウルなどに塩数の子を入れ、浸かるくらいの塩水を加える(水1リットルあたり塩小さじ1程度が目安)
2. 8時間ごとに塩水を取り替え、3回を目安に塩抜きする
3. 味見をしてちょうどよいところで塩抜き完了

 

 

水ではなく塩水で塩抜きをします。

目安は8時間×3の24時間で、塩を抜きすぎると苦味が出やすいのでほどほどで止めてください。

 

冬場は問題ないですが、夏場は心配なら冷蔵庫に入れるといいです!

 

基本の味付け

1. 鍋に水300ml・酒・みりん・醤油各大さじ2を入れて火にかける
2. 沸騰してアルコールが飛んだら火を消し、鰹節を入れて冷ます
3. 塩抜きした数の子を浸して、味が馴染んだら出来上がり

 

 

今回は塩数の子300gあたりの分量です。

数の子の量に応じてつゆの量は増減させてください。

 

数の子の塩抜き具合によっても、お好みで醤油の量を調整するとうまく作れます!

色を薄く仕上げたい場合は薄口醤油を使います。

その場合、濃口醤油より薄口醤油のほうが塩分が多いので、少し少なめから味をみるといいです。

 

 

鰹節はそのまま美味しくいただけますが、見た目や口当たりで気になる場合は濾してください!

 

数の子の塩抜きと基本の味付けでした。

塩抜き自体は時間がかかりますが、どちらも簡単に出来ますのでぜひお試しください!

 

旬の食材コラム

おせち料理のチーズアレンジでコンディショニング!!

石松佑梨

おせちをおしゃれなチーズプラトーにアレンジしてみませんか?「おせち×チーズプラトー」は五味(旨味、甘味、塩味、苦味、酸味)を整えるだけで、簡単におしゃれなおもてなし料理に仕上げることができます。数の子 × フレッシュチーズ(クリームチーズ) ※数の子はコチラ子宝と子孫繁栄を祈る数の子はニシンの卵。二親(ニシン)から多くの子が出るのでめでたいと考えられています。フレッシュチーズは熟成工程がないチーズの総称です。熟成不要であるため、他のチーズよりも塩分量が少ないのが特徴です。フレッシュチーズ(甘味、酸味)+数の子(塩味、旨味)+かつおぶし(旨味)+シャンパン(苦味)で五味のバランスが整えてみました。くるみ飴がけ × 白カビチーズ(カマンベール)くるみは硬い殻が家庭を守るということから、「家庭円満」と「実り」への願いがこめられています。白カビチーズ(旨味、酸味、塩味)+くるみ飴がけ(苦味、甘味)で五味のバランスが整えてみました。柿巻き × 青カビチーズ(ゴルゴンゾーラ)昔は大事な文書や絵は巻物にしていたことから文化の発展を願う縁起物とされてきました。干し柿(甘味)を包丁で開いて、柚子皮(苦味、酸味)を削り、青カビチーズ(旨味、塩味)を巻きました。紅白なます × セミハード(ミモレット18ヶ月)大根の白とにんじ…

続きを読む

料理レシピ