うなぎひつまぶしのレシピ

投稿者 : OWARIまるはち on

解凍方法

  • 湯煎でゆっくり解凍&あたため
  • 電子レンジで急速解凍&あたため

電子レンジは加熱しすぎにご注意ください。
熱くなるのでやけど等、取り扱いにもご注意ください。

 

動画

 

材料

ひつまびしの材料

  • ご飯
  • うなぎ 1/2枚分
  • 大葉 2枚
  • ミョウガ 1本
  • 万能ねぎ 1本分
  • わさび チューブ1cm
  • 柚子胡椒 チューブ1cm
  • おろし生姜 チューブ1cm
  • 蒲焼のタレ 小さじ
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ3
  • 砂糖 大さじ1.5
  • 醤油 大さじ3
  • 刻み海苔 ひとつかみ
  • 白ごま 小さじ1/2
  • 昆布茶 200ml

おおよその調理時間

ひつまぶし

10~15分

作り方

水にさらしたみょうが

  1. 大葉・ミョウガを細切りに、万能ねぎを小口切りにする
  2. ミョウガを水にさらしておく
  3. 蒲焼のタレはなければ酒大さじ1・みりん大さじ3を沸かしてアルコールを飛ばし、砂糖大さじ1.5・醤油大さじ3を加えて少し煮詰めてタレをつくる
  4. 温めたうなぎを食べやすように刻む
  5. 薬味類をお皿にセットする
  6. どんぶりにご飯を敷き、蒲焼のタレを小さじ1かけ、刻み海苔をひとつかみちらしてうなぎをのせる
  7. うなぎの上に白ごま小さじ1/2をちらす
  8. 昆布茶を用意する
  9. はじめはうなぎ丼として、少し食べたら薬味をのせて、最後は昆布茶をかけてお茶漬けにしてお召し上がりください

おすすめの食べ方

おすすめの食べ方

薬味のチョイスはお好みです。たくさんあると、味を常に変えながら食べられるので、楽しくいただけます。

蒲焼のタレは足りなければ簡単につくることが出来ます。うなぎエキスが入っているタレとは少し違いますが、他のお料理にも使えるのでなければ作っちゃいましょう!


ひつまぶしのだしは昆布茶がお手軽です。なければかつおと昆布の出汁(顆粒のだしの素でも○)に塩で味を調えたものや、ほうじ茶や緑茶でも美味しくいただけます。


うなぎは温めてそのまま刻んでも美味しくいただけますが、グリルでじっくり皮目を焼いてあげるとより香ばしく一味違う、うなぎの蒲焼をご堪能いただけます。


ひつまぶしの食べ方は、まずそのままうなぎ丼として。続いて薬味をのせて、ネギとわさびが一般的ですが、涼しげなミョウガや大葉・柚子胡椒に生姜もマッチします。最後は出汁をかけてうな茶漬けでするするといただきます。

もう1つお椀を用意してそこで薬味や出汁と合わせれば、最後まで混ざらずお好みの食べ方を試していただけます。ちなみにはじめに4分割し、そのまま→薬味→うな茶漬け→お好みの食べ方と食べるのが名古屋流だそうです。


臭みのない一色うなぎだからこそ、一味違った味わいで、引っかかりを感じずに最後まで美味しくいただけます。薬味との組み合わせで、自分なりのベストマッチを探してみてください!

旬の食材コラム

ウイルスに負けないカラダを作る!おいしく牡蠣を食べて免疫力アップ!!

石松佑梨

マスクがなければ、腸でウイルスを食い止める!?免疫力アップポイント① 腸内環境を整える新型コロナウイルスやインフルエンザの流行で世界中が混乱しています。ウイルスなどにかかる人とかからない人の差は「免疫力」の差ですが、この免疫機能のおよそ7割が腸に存在していると言われています。ウイルスは鼻や口から私たちのカラダに入ってきますが、その最後の砦が腸です。このことを考えると免疫機能が腸に集中していることは大変納得できるものだと思います。免疫力アップポイント② 亜鉛を摂るでは腸を通過し、いよいよ体内に入ってきてしまったウイルスはどうすればよいのでしょうか?体内に侵入してきたウイルスと戦ってくれる機能が免疫細胞です。体内にウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が作用して病気を防ぐ役割を担ってくれます。しかし、免疫力は年齢とともに低下してしまいます。この原因の一つが、免疫細胞が加齢とともに元気がなくなることにあります。免疫細胞の活性化に効果があるのが「亜鉛」です。亜鉛には細胞分裂や新陳代謝を促す働きがあるため、適量を摂取すれば免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果が期待できます。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、私たちは体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。亜鉛は以下グラフに挙げた食品に多く含まれてい…

続きを読む

料理レシピ