うなぎひつまぶしのレシピ

投稿者 : OWARIまるはち on

解凍方法

  • 湯煎でゆっくり解凍&あたため
  • 電子レンジで急速解凍&あたため

電子レンジは加熱しすぎにご注意ください。
熱くなるのでやけど等、取り扱いにもご注意ください。

 

動画

 

材料

ひつまびしの材料

  • ご飯
  • うなぎ 1/2枚分
  • 大葉 2枚
  • ミョウガ 1本
  • 万能ねぎ 1本分
  • わさび チューブ1cm
  • 柚子胡椒 チューブ1cm
  • おろし生姜 チューブ1cm
  • 蒲焼のタレ 小さじ
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ3
  • 砂糖 大さじ1.5
  • 醤油 大さじ3
  • 刻み海苔 ひとつかみ
  • 白ごま 小さじ1/2
  • 昆布茶 200ml

おおよその調理時間

ひつまぶし

10~15分

作り方

水にさらしたみょうが

  1. 大葉・ミョウガを細切りに、万能ねぎを小口切りにする
  2. ミョウガを水にさらしておく
  3. 蒲焼のタレはなければ酒大さじ1・みりん大さじ3を沸かしてアルコールを飛ばし、砂糖大さじ1.5・醤油大さじ3を加えて少し煮詰めてタレをつくる
  4. 温めたうなぎを食べやすように刻む
  5. 薬味類をお皿にセットする
  6. どんぶりにご飯を敷き、蒲焼のタレを小さじ1かけ、刻み海苔をひとつかみちらしてうなぎをのせる
  7. うなぎの上に白ごま小さじ1/2をちらす
  8. 昆布茶を用意する
  9. はじめはうなぎ丼として、少し食べたら薬味をのせて、最後は昆布茶をかけてお茶漬けにしてお召し上がりください

おすすめの食べ方

おすすめの食べ方

薬味のチョイスはお好みです。たくさんあると、味を常に変えながら食べられるので、楽しくいただけます。

蒲焼のタレは足りなければ簡単につくることが出来ます。うなぎエキスが入っているタレとは少し違いますが、他のお料理にも使えるのでなければ作っちゃいましょう!


ひつまぶしのだしは昆布茶がお手軽です。なければかつおと昆布の出汁(顆粒のだしの素でも○)に塩で味を調えたものや、ほうじ茶や緑茶でも美味しくいただけます。


うなぎは温めてそのまま刻んでも美味しくいただけますが、グリルでじっくり皮目を焼いてあげるとより香ばしく一味違う、うなぎの蒲焼をご堪能いただけます。


ひつまぶしの食べ方は、まずそのままうなぎ丼として。続いて薬味をのせて、ネギとわさびが一般的ですが、涼しげなミョウガや大葉・柚子胡椒に生姜もマッチします。最後は出汁をかけてうな茶漬けでするするといただきます。

もう1つお椀を用意してそこで薬味や出汁と合わせれば、最後まで混ざらずお好みの食べ方を試していただけます。ちなみにはじめに4分割し、そのまま→薬味→うな茶漬け→お好みの食べ方と食べるのが名古屋流だそうです。


臭みのない一色うなぎだからこそ、一味違った味わいで、引っかかりを感じずに最後まで美味しくいただけます。薬味との組み合わせで、自分なりのベストマッチを探してみてください!

旬の食材コラム

おせち料理のチーズアレンジでコンディショニング!!

石松佑梨

おせちをおしゃれなチーズプラトーにアレンジしてみませんか?「おせち×チーズプラトー」は五味(旨味、甘味、塩味、苦味、酸味)を整えるだけで、簡単におしゃれなおもてなし料理に仕上げることができます。数の子 × フレッシュチーズ(クリームチーズ) ※数の子はコチラ子宝と子孫繁栄を祈る数の子はニシンの卵。二親(ニシン)から多くの子が出るのでめでたいと考えられています。フレッシュチーズは熟成工程がないチーズの総称です。熟成不要であるため、他のチーズよりも塩分量が少ないのが特徴です。フレッシュチーズ(甘味、酸味)+数の子(塩味、旨味)+かつおぶし(旨味)+シャンパン(苦味)で五味のバランスが整えてみました。くるみ飴がけ × 白カビチーズ(カマンベール)くるみは硬い殻が家庭を守るということから、「家庭円満」と「実り」への願いがこめられています。白カビチーズ(旨味、酸味、塩味)+くるみ飴がけ(苦味、甘味)で五味のバランスが整えてみました。柿巻き × 青カビチーズ(ゴルゴンゾーラ)昔は大事な文書や絵は巻物にしていたことから文化の発展を願う縁起物とされてきました。干し柿(甘味)を包丁で開いて、柚子皮(苦味、酸味)を削り、青カビチーズ(旨味、塩味)を巻きました。紅白なます × セミハード(ミモレット18ヶ月)大根の白とにんじ…

続きを読む

料理レシピ