料理レシピ

ぐるぐる 海苔だし巻き卵のレシピ・作り方

投稿者 : 嵜山拓史 on

動画     材料 焼き海苔 1~2枚 卵 2個 顆粒だし 1/2袋 砂糖 小さじ1 塩 少々 サラダ油 適量   おおよその調理時間:10分   だしは顆粒だしでお手軽に、水を加えないので巻きやすくなっています。水を加えると巻きにくくはなりますが、ふわっと感は増すので、お好みで加えてみてください!砂糖や塩なども、お好みで無しにしたり、より甘いのが好みの方は砂糖を増やしたりと、調整してみてください! 作り方 1. 海苔を卵焼き器の大きさに合わせてカットする(後半は卵焼きが大きくなるので短めに)2. 卵に顆粒だし・砂糖・塩を加え、白身が細かくなるまでしっかりと混ぜる3. 卵焼き器を熱してサラダ油を全体に薄くひき、1/3~1/4の量ずつ卵液を入れる4. 卵液を全体に広げ、海苔を置いてなじませたら巻いていく5. 残りも、卵液を入れて広げ、海苔を置いてなじませて巻くを繰り返す6. 巻き簾などで形を整え、包丁で切り分けたら出来上がり     焼き海苔も一緒に巻いていくので、卵焼き器におさまるようにカットします。後半は卵焼きが大きくなって、卵焼き器に合わせると入らなくなるので、少し短めにカットしておくと丁度いい感じになります。卵は白身が残っているとどろっと、必要以上に注いでしまったり、ムラになったりするので、しっかり白身が切れるまで混ぜておくといいです。ぐるぐる混ぜるより、箸を立てて前後に動かすと白身が切れやすくなります!箸についた卵液をフライパンにつけて、小さくじゅっと音がなれば適温で、そうなったら注いでいきます。海苔ははじめパリッとしていますので、まだ火が通っていない卵液の水分を吸わせてから巻くと巻きやすくなります!カットしてみると、海苔が黒くぐるぐるになっています!海苔の風味のだし巻き卵。とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

続きを読む →


鮭とイクラのクリームパスタのレシピ・作り方

投稿者 : OWARIまるはち on

動画     材料 オリーブオイル 大さじ1.5 にんにく 1個 サーモン 120g 玉ねぎ 小1/2個 白ワイン 大さじ2 牛乳or豆乳 75g 生クリーム 75g 塩 ひとつまみ~ 胡椒 少々 パスタ 80~100g 茹で汁 大さじ2程度 大葉 5枚程度 いくら お好みの量   おおよその調理時間:20分   玉ねぎで甘みを、大葉で少し和風テイストをプラスします! パスタを茹でるのに塩分濃度1%のたっぷりのお湯をご用意ください。   作り方 1. フライパンにオリーブオイル大さじ1.5・スライスしたにんにくを入れて火にかける2. ふつふつとしてきたら弱火にし、じっくりとにんにくの香りをオイルに移す3. にんにくが軽く色づいたら1cm角にカットしたサーモンを入れて表面の色が変わるまで焼く4. サーモンの表面が焼けたらスライスして半分にカットした玉ねぎを加えて炒める5. 玉ねぎが透き通ったら白ワイン大さじ2を入れ、アルコールを飛ばす6. 牛乳or豆乳75g・生クリーム75gを入れ、温めておく7. 塩分濃度1%くらいの沸騰したお湯でパスタを茹でる8. 茹で上がったパスタとソースを合わせ、茹で汁でかたさを、塩・胡椒で味を調整する9. 刻んだ大葉の半量を混ぜてお皿に盛り、残りの大葉・いくらをトッピングして出来上がり     はじめにんにくの香りを、弱火でじっくりオイルに移します。 火が強いと、香りが移る前ににんにくが焦げちゃいますので弱火で少しずつ。 臭みが出ないように、サーモンの表面焼いたら玉ねぎを炒めて甘みを引き出し、臭み消しと香り付けに白ワイン。 酸味が残らないように、しっかりアルコールを飛ばします!   牛乳or豆乳・生クリームを入れたらソースは完成、パスタと合わせて、ソースのかたさを茹で汁で調整し、塩コショウで味を調えたら完成です! イクラをたっぷりのせてお召し上がりください!     全量生クリームでなく、半量は牛乳or豆乳なのでくどくならず、サーモン・いくらの旨味を美味しくいただけます。大葉もあるので飽きもこない、満足感の高い親子パスタになっています! とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

続きを読む →


サーモンアボカドポキ丼いくらのせのレシピ・作り方

投稿者 : OWARIまるはち on

動画     材料 サーモン 150g アボカド 1個 いくら お好みの量 醤油 大さじ2 みりん 大さじ1 砂糖 小さじ1 ごま油 小さじ1 刻み海苔、白ごまなど   おおよその調理時間:10分   ポキ丼とはハワイの料理が元で、マグロが使われることが多いですが、せっかくなのでイクラと親子のサーモンで!普通の海鮮丼と違い、ごま油が入るのが特徴です。 作り方 1. サーモン・アボカドを1cm角くらいでカットする2. ボウルに調味料をすべて合わせる3. 調味料にサーモン・アボカドを混ぜ、冷蔵庫で30~1時間漬ける4. ご飯にサーモン・アボカドをのせ、お好みで刻み海苔・白ごまなどをふりかける5. お好みの量のいくらをのせて出来上がり     サーモンとアボカドはスプーンで食べやすい範囲で大きめにすると、食べごたえのある丼になります!   漬けるほど味は馴染みますが、アボカドの緑がくすんでいくので、十数分程度でも十分です。 漬かりが浅い場合はタレも多少ご飯にかけてお召し上がりください!   森のバターと呼ばれるアボカドと、脂ののったサーモンの旨味、イクラの濃厚さに、ごま油がアクセントとして美味しいポキ丼です。 単調にならないように、白ごまや刻み海苔がいい仕事をしています。 とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

続きを読む →


優しい味…ホタテと彩り野菜のあっさり中華炒めのレシピ・作り方

投稿者 : OWARIまるはち on

冷凍ボイルホタテの解凍方法 冷蔵庫でゆっくり解凍し半解凍になったらお使いいただけます。   動画   材料      サラダ油 大さじ1 にんにく 1かけ 生姜 スライス2枚 赤パプリカ 1/2個 黄パプリカ 1/2個 玉ねぎ 1/4個 ピーマン 2個 たけのこ 50g程度 ボイルホタテ 5個 酒 大さじ2 オイスターソース 小さじ2 醤油 小さじ1 鶏ガラスープ 小さじ1/2 片栗粉 小さじ1 水 小さじ1.5 塩 適量 こしょう 適量   おおよその調理時間:15~20分    他の彩り野菜でも、お好みでチョイスしてみてください!食感が楽しめるものだとなお美味しく仕上がります!   作り方 1. にんにくは潰して芽を取り、生姜はみじん切りにし、ボイルホタテは半分にカットする 2. 玉ねぎをざく切りにし、パプリカ・ピーマン・たけのこは一口大で同じ大きさにカットする 3. フライパンにサラダ油大さじ1・にんにくを入れて中火にかけ、にんにくが色づいたら生姜も加えて炒める     4. パプリカ・玉ねぎ・たけのこを入れ、玉ねぎが透き通るまで炒める 5. ピーマン・ボイルホタテも入れ、さっと炒めたら調味料(酒大さじ2・オイスターソース小さじ2・醤油小さじ1・鶏ガラスープ小さじ1/2)を加える 6. 酒のアルコールが飛ぶくらい炒めたら、片栗粉小さじ1・水小さじ1.5で作った水溶き片栗粉を細く回し入れてとろみをつける 7. 塩・胡椒で味を調えれば出来上がり          全体的にあっさりと仕上げるために、にんにくはみじん切りではなく大きめで、油に香りを移しつつカリッと揚げるように焼いていきます。 ほんのりにんにくが香るくらいで、にんにく自体も大きいのでアクセントに!   生姜はみじん切りで小さいので後入れで、炒めて香りを出したら、火の通りにくいパプリカ・玉ねぎ・たけのこから炒めていきます。 火を通しすぎるとかたくなって縮んじゃうホタテと、苦味が出たり色が悪くなるピーマンは最後に入れます!   あとは調味料を入れて、とろみを付けて味を調えれば完成! 調味料は事前に合わせておくとなおスムーズですね。      あっさりしたシンプルな味付けで、でもホタテの旨味が感じられる炒めものになっています。 時間差で投入することでそれぞれの食感もよく、彩りも良くって、目でも口でも楽しめるようになっています! とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

続きを読む →


香りが爆発!ホタテときのこのホイル焼きのレシピ・作り方!

投稿者 : OWARIまるはち on

冷凍ボイルホタテの解凍方法 冷蔵庫でゆっくり解凍し半解凍になったらお使いいただけます。   動画     材料     ホタテ 3~5個 舞茸 1/3パック しめじ 1/3パック えのき 1/3パック 酒 小さじ1 醤油 大さじ1 バター 5~10g 胡椒やパセリ お好み   おおよその調理時間:20分 (焼き時間込み)   今回、舞茸・しめじ・えのきを使いましたが、キノコはお好みのものをお使いください!   作り方 1. キノコの石づきを取ってほぐす、または食べやすい大きさにカットする 2. アルミホイルを横長方形に広げ、半分より片方にキノコ・ホタテを並べる 3. 酒小さじ1・醤油大さじ1・バター5~10gをのせ、もう片方のアルミホイルをかぶせ、端を折って包む 4. オーブントースターまたは200℃に予熱したオーブンで20分ほど焼く 5. 包みを開け、お好みで胡椒やパセリをちらしてお召し上がりください       キノコを食べやすい大きさにして、ホタテと調味料と包んで焼くだけ! バターの量はお好みで、 5~10g入れてください。   キノコは手でちぎると味が馴染みやすくなるので、舞茸やエリンギを使う際は包丁でカットではなく手で割くのがおすすめです!       包み焼きの1番の楽しみは、包みを開ける瞬間。アルミホイルの中に充満しているキノコとホタテ、バター醤油の香りが爆発します! 作った人の特権ですね。   包んで焼くだけで簡単にできて、間違いなく美味しく、大きいホタテは食べごたえ抜群。とっても美味しいのでぜひ作ってみてください!

続きを読む →

旬の食材コラム

レシピ『溢れるいくらのサーモンフライカレー』

石松佑梨

旬のきのこをふんだんに使ったカレーに、とんかつではなくサーモンフライを添えました。 カレーがついたサーモンフライに、いくらタルタルソースをたっぷりかけると… 食べた人にしかわからない口福感が広がりますよ。 サーモンフライ 材料(2人分) サーモン30g×6切/下味:塩、こしょう/衣:小麦粉、卵、パン粉/揚げ油 作り方 ①サーモンは塩とこしょう各少々をふり、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。 ②フライパンに油を入れて中火にかけます。 ※少量のパン粉を落としてみてすぐにシュワッと浮き上がれば温度もOKです。 ③①を②に入れて、薄く色づいたら裏返して、さらに3~4分揚げ、きつね色になったら取り出して油をきります。 ●いくらタルタルソース 材料(2人分) 玉ねぎ1/2個、ディル、ゆで卵1個、マヨネーズ大2、いくらの醤油漬け大2 作り方 ①みじん切りにした玉ねぎは、塩少々をふって3分置いた後に軽く水気を絞ります。 ※玉ねぎは紫玉ねぎを使うと、辛味が少なく彩りも美しいです。 ②ボウルにゆで卵を入れ、フォークの背で粗めに潰します。 …

続きを読む

料理レシピ